多くの情報に振り回されすぎない

吹き流しとお気軽テイスティー > 情報 > 多くの情報に振り回されすぎない

多くの情報に振り回されすぎない

実際にPCのディスプレイの前で上がったり下がったりしているマーケットを目を向けていると、すぐに注文をするという感情が生じる方も少なくないだろう。

 

だが、不確かな思いつきでエントリーすることは、絶対にしてはいけません。

 

事実、外国為替相場は年中休みなくどこかの国の為替相場は動いているし、為替レートもいかなる時でも変動している。

 

しかしながら、売買を積んでいくとその回数分だけ損をする確率が上がります。

 

もちろん、売り買いの回数を経験することによってだんだんと勝ち負けの可能性が五分五分になるのは事実です。

 

しかしこれは「はっきりしないアイデアで売買」とは別の話だ。

 

注文回数を積むというのは自ずから「ここがチャンス」と思える確信を得られたところでの売買回数を重ねるという事を意味します。

 

理由がなく、のべつ幕なし売買を経験するのとは明確に違う。

 

市場の駆け引きに勝つためにはあなたが主体的に緩急をつけることが大事だ。

 

「ここで勝負」と思い至った外国為替市場の時には、いっそのこと持っているポジションを積み増して、徹底的に利益を追い求めます。

 

「かなり難解な外国為替相場でどうなるか思いつかないな」と思い至った時は、観念してポジションを諦めて何もせず静観します。

 

このくらいのテンポでやった方が、結果的には注文は儲けられます。

 

外国為替相場の金言には「休むも相場」という言葉があります。

 

まさに言葉どおりです。

 

為替取引とは、常に売買ポジションを持つことがすべてではなくどれも保有せずじっと見ていることも状況によっては相場なのである。

 

それならば、どういう時に休めばいいのでしょうか。

 

第1に考えられるのが、先述した通り、直近の外国為替市場が判断できない時です。

 

今後円高になるのか、それとも円安になるのかが決める事が出来ない時は、思いつきで行動すると、書いた台本とは逆に外国為替市場が動いてしまい、損してしまいます。

 

そのため、こんなケースではポジションを整理して、静観を決め込むのがいいでしょう。

 

次に、体の調子があまりよくない時です。

 

体の状態とマーケットに何の影響も与えないと考える方もいると思いますが現実には考えている以上に関係があります。

 

コンディションが変な時は、外国為替相場の大事な状況で、必要な判断を下すことができなくなります。

 

関心がわかない時は、トレードから離れる事も必要な事です。

 



関連記事

  1. 抜け毛、薄毛予防
  2. 多くの情報に振り回されすぎない
  3. テスト