過干渉と無関心で

過干渉と無関心で

中高生の頃よく家出をしたいと思っていました。 過干渉と無関心、これが過ぎる親だったので一緒に暮らすのが嫌でした。 ちょっと髪の毛にアイロンを当ててまっすぐにしただけで、 「色気づいて!」だの「まだおしゃれは早い!」 だのと文句を言ってくるんです。 高校生にもなれば髪を綺麗に整えるくらいするのに...。 しかし私の学校生活には無関心で、例えば昼食は自分でなんとかしろと言われていましたが、昼食分のお金はくれず家には食材がとぼしく弁当も作れない状況で、いつも昼食は我慢していました。 かといって貧乏かといえばそうでもなく、豪勢なオーディオ機器なんかを衝動買いしたりする親だったので、無駄な買い物をしてくるたびに「こんな家出て行ってやる!」と思ってましたね。 埼玉行方不明人調査なんて結局高いんでしょ?

関連記事

  1. 浮気・不倫は人間の本能なのかも
  2. 過干渉と無関心で
  3. テスト